時には好きなお菓子を食べながらでもダイエットに成功できました

ダイエットの為だからと言って、ずっとストイックな生活を続けていると、いつの間にかストレスを溜めてしまい、それが頑張る気力を無くしてしまうかもしれません。

私はそれを防ぐために、時々、自分にご褒美を与えるようにしました。

たいていは友人に会う時だったのですが、誰にもダイエットをやっていることは知られたくありませんでした。

そのため、友人の前では普段通りに、お菓子や飲み物を楽しみ、一人になった時に食事制限をして、カロリー制限をしました。

この習慣のおかげで、友人たちからは食べても太らないと言われるようになりました。
わざわざ、実は影でダイエットを頑張っているとも言いにくかったので、友人たちの前では上手くごまかしていました。あとは、ストイックな生活が無理なので、バタフライアブス効かないって思っていましたが買って使ってみました。バタフライアブスは効かないということはなく、付けているだけでそれなりにお腹は引き締まりました。

有言実行でダイエットを行っても、上手くいかない場合もあります。
しかし、公表しなければ、たとえ途中で失敗しても、自分の中で後悔するだけです。

私の場合は後者のやり方の方が向いているようです。
表面的にはいつの間にか痩せていたというダイエットを目指したほうが、成功しやすいようです。

Both comments and pings are currently closed.